ブログ検索

最近投稿された記事

最近付けられたコメント

カレンダー

<< 2023年 5月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

鍼灸 どんな時にうける? 病院の次に?

院長雑記

posted by admin

現代人はストレスが多く
頭が痛い、肩が痛い、腰が痛い、膝が痛い、
胃腸の調子が悪い、眠れない、もやもやする、など

数え上げればきりがないほど、
様々な症状に悩まされる人が多いです。

そのような状態に対して
まず第一に考えるのは病院、という人も多いと思います
また、肩こりや腰痛があるときに
整体やマッサージに行く、という人も多いと思います。

ただし、病院へ行っても、まったく良くならない
医者からは気のせい、と言われて、薬もらったけど効かない
という人もいます。

また、医者に通っているけれど、
数か月通っても良くなった実感がない、という人もいます。

マッサージにはよく行くけれど、
次の日にはもとに戻ってしまう。
整体に行っているけれど、よくなった実感がない、という人もいます。

病院には病院にしかできない検査や手術がありますが、
通っていても、良くならないときには、
違うアプローチを試してみることが必要かもしれません。

まず第一には、セカンドオピニオン、
違うお医者さんに行ってみることです。

精密検査の結果で、出てくる所見が違う可能性があります。
いくつか試してみても、変わらない、というときには
西洋医学から離れて、中国医学である鍼灸の理論を試してみるのもよいでしょう。

本当は、医者に行く前に来ていただいても良くなることは多いのですが、
地域医療と連携して、患者さんの力になることが目的です。

しかるべき検査を受けて、
その結果から鍼灸でできることを考えるというのが
リスク管理という点や、患者さん自身が理解していくために必要だと考えています。

« 前の記事 次の記事 »

この投稿に付けられたコメント(0件)