ブログ検索

最近投稿された記事

最近付けられたコメント

カレンダー

<< 2024年 5月 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

足が重い 体が重い 湿気

症例

posted by admin

梅雨入りが近づいて、
雨の日が多くなってまいりました。

昔の中国の人は、
体に害を及ぼす存在のうち、
気、というものを種類ごとに分けて読んでいました。

風邪 暑邪 湿邪 燥邪 寒邪

これらの邪が、体に入ったり、周りにあることで
人に対して影響があると考えていたのです。

大陸でいえば長夏 日本でいえば梅雨の時期
悪さをするのは湿邪です。

性質としては重濁性 下注性があるとされています。
おもく、したにさがり、まとわりつく感じです。


梅雨の時期になると、体が重く感じたり、
足が重く感じるのは湿邪の悪さで
中医学の考えでは、
その湿邪を取り除くことをすると、体が楽になる、という考え方があるのですね。

鍼灸はその理論を使って治療をするならば、
ツボによって、去湿化痰=湿気をとって、固める
という意味のあるツボに刺激をすることなどで、効果を期待した治療を行います。

« 前の記事 次の記事 »

この投稿に付けられたコメント(0件)